« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年2月

ムクドリ騒動とかね

「ここのところ日記の更新が随分と疎かじゃありませんこと?」
などといったお小言を云われる機会がたまにある今日この頃。
 
すみません。その通りです。
 
ちょっとオイシイ小ネタとかあると、
すぐにツイッターの方で呟いたりして、
それでなんとなく満足しちゃったりしているもので。
 
えーっと「そんな小ネタでも報告しろ」という方は、
よろしければ↓コチラをフォローしたって下さいまし。
http://twitter.com/yuho_satonaka
(里中遊歩のついったー)
 
日々、なんかクダラナイことちょこまかと呟いてます。
 
 
最初はツイッターってどんだけのものかな、と思っていたけど、
ううむ、コレはなかなか面白いと思いますだ。
 
チャットとブログが結婚して、
それぞれの良い部分を引き継いだ優秀な子どもがツイッター
って感じか。
 
なんだそれ?
まぁ不良息子でなくて何よりだ。
 
 
そんなこんなの昨今であるが、昨夜は近所に買物に出たところ、
うっかりこんなものを拾ってしまった。
 
 
Ca3e0007 
 
 
ムクドリの幼鳥である。
 
 
勿論、幼鳥と云えども通常は簡単に拾えるものではない。
見れば大怪我をしていた。
 
恐らく、カラスかネコに襲われ、
命からがら逃亡を企て、路上で力尽きたところに、
私が通りかかったのであろう。
 
この時、追手が仮に近くに迫っていたならば、
可哀想だけど私は放置したであろう。
 
だが、しばらく様子を見ていても追手の姿はない。
このまま放置していたら、クルマに轢かれて死ぬだけである。
 
まぁ野生のイキモノのことなので色々な意見もあろうが、
そうなったら保護します、私は。
 
ひょいと拾い上げ、明るい街灯の下で確認したら、
頭部に相当酷い裂傷。
 
頭骨なども見えてしまっているし、
首もあまり動かないようだ。
 
意識はあり、羽をバタつかせて逃げようとしている。
 
「いや大丈夫だから。オレ、鳥肉はあまり喰わないし」
とか云いながら、とりあえず近所の動物病院に電話。
 
だが、犬猫専門で鳥は扱っていないとのこと。
 
ううむ、仕方ない。
買物は諦めて家に戻り、
近所で鳥の診察もする動物病院を探してみる。
 
いやあ、犬猫以外を診察してくれる動物病院って、
かなり少ないのだなあ。
 
ちょっとビックリだ。
鳥飼っている人とか多いけど、どうしているんだろ?
 
それでもまぁ、
小平市内と西東京市内にそれぞれ一つずつ見つけ電話をしてみるが、
既に時間は20時近く。全然出てくれない。
 
むうう、困ったものだ。
 
仕方がないので、
アツアツの湯たんぽをタオルで何重かに巻き、段ボール箱の中に設置、
あと古くなったTシャツなどを敷き詰めて飲み水を入れ、
ムクドリを入れてみる。
 
しばらく挙動不審にしていたが、
すぐに湯たんぽを巻いたタオルに身を預けるようにして動かなくなった。
 
ちょっと落ち着いてくれたようだ。
 
「うむ、とりあえずはそうやって暖かくして休んでなさいな。
それで明日、まだお前が生きているようならば、
改めて動物病院に連れて行ってやるからな」
なんてことを告げて箱を閉める。
 
でもきっとダメだろうな。
あれだけの深い傷で、かなり出血もしていたようだし。
 
と思いつつも、
時々箱の中でゴソゴソ動いたり糞をしたりしているし、
まぁ一縷の望みがない訳でもないので、
「とにかく頑張れ」と思いつつ朝を待つ。
 
 
陽が昇ろうかという頃、
箱の中で「ゴトっ」と音が聞こえた。
 
「嗚呼・・・・・・」と思いつつ中を覗くと、
案の定、ムクドリは力尽きてしまっていた。
 
まぁ仕方ない。
 
仕方ないのだが、
こんな時、応急の処置も取れない自分が妙に悔しいものだ。
 
ほんの少しで構わないので、
多少の応急処置知識を身につけたいものだと思った。
 
そんなこんなでその幼いムクドリは、
本日、ウチの庭の片隅で土に帰っていった。
 
 
それにしても私、ムクドリってのは、
普段散策の際には見つけてもカメラ向けることもしないのであるが、
いざ触れてみるとカワイイものなのであるなぁ。
 
まぁ大概のイキモノはそうなのだけどさ。
カラスとかも馴れるとホントにカワイイものなのであるよ。
 
 
 
ということで、先日もちょろっとお知らせしました、
3月27日(土)にお台場「東京カルチャーカルチャー」にて開催される、
我々「変なイキモノ探索隊」のトークイベント「東京・野生生物サミット」、
本日よりチケット販売開始であります。
 
詳細はコチラ↓から。
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_100212202815_1.htm
 
楽しい会にしたいと思いまする。
 
よろしければ、
是非ともいらして下さいませ。よろしくお願い致しますー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トークイベント出演のお知らせ

えー、突然ではありますが、
来たる3月27日(土)13時より、トークイベントやります。
 
 
お台場「東京カルチャーカルチャー」というライヴイベントハウスにて、
名づけて「東京・野生生物サミット」。
 
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_100212202815_1.htm
 
ええ、いつもの里中遊歩・日高トモキチ・イトケン、
「変なイキモノ探索隊」の三名が出演者です。
 
 
Tokyoyaseiseibutsu1_2
 
 
まぁ要は、
「東京のイキモノ色々紹介しながらバカ話して盛り上がろう」
といった内容です。
 
 
が今回は、それだけじゃありません。
 
あの動物学者として名高い今泉忠明先生にも、
特別ゲストとしてご参加頂く予定。
 
ほら、いきなりイベントが高尚なものに見えてきたでしょう?
嗚呼、なんと素晴らしい。
 
 
まぁ全体通して、何をどう進めていこうかなどは、
これから色々と詰めていこうと考えておりますが、
「イキモノ初心者にも判りやすくて楽しめる」
ような内容にはしていく所存でございます。
 
つうか、どちらかと云えば「初心者向け」の内容かな。
 
例えば、
「東京都内に棲息する鳥の種類を5つ以上答えよ」と問われて、
オロオロしてしまう貴方!
 
貴方こそが今回のターゲットです。狙い撃ち。
是非ともいらして下さいまし。
 
 
ちなみに座席定員は約100名と限りがありますので、
もしもいらして頂けるようであれば、
なるべく早めにチケットをご予約下さいませ。
(と云いつつ、多分当日券とか残ったりするんだろうなぁ 泣)
 
また、「行きたいけど遠くて行けねぇよ」とお嘆きのアナタ。
 
ここのイベントハウスは、あのニフティが運営しております関係から、
なんと「ネットにて会場生中継」という画期的な仕組みもあるのですっ。
(有料、1,000円くらいかな?)
 
来週くらいには、上記リンクページ内にて
「ネット生視聴申込み」が開始される予定でありますので、
またその節はご報告致します。
 
ネット生視聴につきましては、
多分定員20名前後になると思いますので、
コチラもお早めにご予約頂ければと思いまする。
 
 
といったところで、3月27日(土)13時から、
よろしければおいで下さいませ是非に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »